【除菌の知識】次亜塩素酸水どれがいい?ワイドハイターでの作り方は?

次亜塩素酸水どれがいいのか探している人へ、おすすめの次亜塩素酸水があります。

 

 

 

 

ワイドハイターでの作り方などを探している人が多いようですが、実はまだ次亜塩素酸水のことを理解できていないという方の為にも、このサイトを読めば次亜塩素酸水に詳しくなれるようにしています。

 

 

除菌水ジーア除菌水ジーア

もし現在次亜塩素酸水はどこの製品にするかまだ決めていないようなら、除菌水ジーアはおススメできます。

 

 

 

小さなお子さんやペットがいるご家庭、クリニック、飲食店などの空間除菌ができる次亜塩素酸水の除菌水ジーアは希釈不要(濃度60ppm)なので、

 

 

 

薄めすぎたり濃すぎたりという心配をしなくて済むのが最大のメリットです

 

 

 

次亜塩素酸水は、塩素濃度が10〜80ppmのもとの定められています。

 

 

 

 

高濃度(200-500ppm等)のものは次亜塩素酸水ではないのです。

 

 

 

 

市販されている高濃度次亜塩素酸水は水道水で希釈して使うようになっていますが、水道水の雑菌に反応して濃度が薄くなるばかりか、希釈する水道水のpHによってさらに塩素濃度が薄まる可能性があります。

 

 

 

 

希釈する高濃度タイプの次亜塩素酸水は、時間が経過すればただの水になってしまう可能性が高いということを知っておく必要があります

次亜塩素酸水とブリーチ、ワイドハイターなどは同じもの?

 

2つは共通点はあるものの、

 

 

次亜塩素酸水とブリーチ、ワイドハイターなどは性質が異なるものです

 

 

 

次亜塩素酸水⇒塩酸や食塩水を電気分解して作る水溶液

 

 

 

ブリーチ、ワイドハイター⇒次亜塩素酸ナトリウム液⇒塩素系殺菌剤

 

 

 

 

次亜塩素酸水をワイドハイターなどから作る作り方を探している人が多いようですが、素人がやると失敗する可能性が大きいのでやめた方が無難でしょう。

 

 

 

 

 

 

それとamazonなどで販売されている安物の次亜塩素酸水生成器は次亜塩素酸水ではなく次亜塩素酸ナトリウム液が作られてしまうのでこちらも注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

次亜塩素酸水は何性?

 

次亜塩素酸水⇒弱酸性

 

 

次亜塩素酸ナトリウム液(ハイターなど)⇒強アルカリ性

 

 

 

次亜塩素酸水は弱酸性で肌と同じpH(ペーハー:溶液の液性を表す物理量)なので肌にダメージを与えることはありませんが、ハイター、ブリーチ、カビキラーなどの次亜塩素酸ナトリウム液は強アルカリ性のため金属を腐食させたり、皮膚を化学やけどさせたりする作用があります。

 

 

 

次亜塩素酸水と次亜塩素ナトリウム液は違う

 

 

 

 

厚生労働省の資料によると、次亜塩素酸水と次亜塩素ナトリウムは同類性ではあるものの、次亜塩素酸(HOCl)の殺菌力は次亜塩素酸イオン(OCl-)より約80 倍高い。

 

 

 

つまり次亜塩素酸水は、次亜塩素酸ナトリウムよりも高い殺菌活性があるのです

 

 

 

参考資料:厚生労働省「次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの同類性に関する資料」

 

 

 

次亜塩素酸水の作り方

 

上で説明したようにハイターなどの次亜塩素酸ナトリウムをいくら希釈しても次亜塩素酸水にはなりません

 

 

 

次亜塩素酸水を自分で作る場合は大きく2つの方法があります。

 

 

 

  • 製法@ 専用の機械を用いて食塩水または塩酸を電気分解して作成
  •  

     

  • 製法A 次亜塩素酸ナトリウム水溶液を炭酸水中和して作る方法

 

 

 

先ほど説明したように次亜塩素酸水は塩酸や食塩水を電気分解して作る水溶液なので、もし自分で作る場合もかなり特殊な製法になります。

 

 

 

まず製法@の電気分解して作る方法ですが、下の楽天で販売されているような次亜塩素酸水生成器を使用する形になります。

 

 

 


 

 

 

電気分解という特殊な工程が必要で、自作するには専用機器が必要になるので、非常にハードルが高いと言えるでしょう。

 

 

 

製法Aの次亜塩素酸ナトリウム水溶液を炭酸水中和して作る方法も自身でphを計るなど調整したり、濃度や作り方をミスした場合に問題となることもあるので、次亜塩素酸水を自作するというのは素人には無理と考えた方が良いでしょう。

 

 

 

次亜塩素酸水の作り方を模索している人が多いようですが、化学を専門に扱っている人でなければ、おすすめできません。

 

 

 

次亜塩素酸水はホームセンターやドラッグストアのどこで売ってる?

ドラッグストア

次亜塩素酸水はホームセンターやドラッグストアでも一応販売されています。

 

 

一応というのを強調したのには理由があります。

 

 

 

というのも次亜塩素酸水は電気分解して作る水溶液という特性のため、長期間の保管をしてしまうと塩素濃度が薄まってしまい、効果を発揮できなくなってしまいます。

 

 

 

次亜塩素酸水をツルハ、スギ薬局、ホクエツ、ヨドバシカメラ、ビバホームなどで探す人が多いようですが、以上の理由により次亜塩素酸水をドラッグストアやホームセンターで購入することはおすすめできません。

冒頭でおすすめした次亜塩素酸水の除菌水ジーアはAmazon、楽天、ヤフーショッピングなどでは販売されていませんでした。

 

 

 

次亜塩素酸水「除菌水ジーア」を購入できるのは公式サイトのみです。

 

 

 

除菌水ジーア動画

公式サイトで除菌水ジーアの動画公開中

 

 

 

 

それと除菌水ジーアをおすすめする理由として、現在除菌水ジーアを契約した人全員に超音波加湿器がプレゼントされるということがあります。
(ただし先着3000名まで

 

 

 

次亜塩素酸水のおすすめと次亜塩素酸水対応加湿器を探している人にとっては一石二鳥ということです。

 

 

 

除菌水ジーア超音波加湿器プレゼント

次亜塩素酸水対応加湿器スペック:サイズ:22cm x 15cm x 36cm 容量:4L

 

 

 

ただし除菌水ジーアをを購入して超音波加湿器を無料で手に入れるには定期購入することが条件となります。

 

 

 

定期購入の条件は以下の通り

  • 初回登録事務手数料:4,000円(税抜)→今だけ無料キャンペーン中(キャンペーンがいつ終了するかは未定)
  •  

     

  • 4週間ごとに定期的に届きます
  •  

     

  • セット内容:9.6L(3.2L×3袋)
  •  

     

  • 2ヶ月以内の変更や休止はいつでも可能

 

 

 

除菌水ジーアの定期購入解約に関して
次亜塩素酸水除菌水シ?ーアの定期購入は契約から2年かつ出荷回数26回満了前に途中解約した場合、解約違約金が発生します。

 

 

 

公式サイト内ではその解約金額がハッキリ明示されていませんでしたが、調べたところ、

 

 

 

10,000円(税抜)

 

 

 

でした。

 

 

 

「2年かつ出荷回数26回満了前」と割と長めなので、注文の際はよく検討されることをおすすめします。

 

 

 

↓次亜塩素酸水の「除菌水ジーア」の
詳細はこちらで確認できます

除菌水ジーア公式サイト

インスタでもすでに話題の除菌水ジーア

ネイルサロンで使われています。

 

ペットのいる方が使用されています

 

小さなお子さんがいる家庭