次亜塩素酸水の有効期限、日持ち保管・保存期間はどのくらい?

次亜塩素酸水有効期限日持ち、保管・保存期間はどのくらいかを説明しています。

 

 

 

 

次亜塩素酸水はあまり日持ちしません。

 

 

 

 

一般的に次亜塩素酸水の有効期限は早いもので3か月。

 

 

 

 

永くても保管・保存期間は6か月〜1年とされています。

 

 

 

 

これは次亜塩素酸の性質上、日時の経過と共に成分が変質しやすいという理由からです。

 

 

 

 

そのためホームセンターなどで販売されている次亜塩素酸水は製造年月日には注する必要があります。

 

 

 

 

また、次亜塩素酸水は紫外線によって急速に劣化してしまうため、保存する場合は光や外部の酸素を通さない容器で暗所に保管することが望ましいでしょう。

 

 

 

 

開封後はなるべく早めに使い切ることで、殺菌・除菌効果が期待できます。

 

 

 

↓次亜塩素酸水の「除菌水ジーア」の
詳細はこちらで確認できます

除菌水ジーア公式サイト